本高砂屋

明治10年開始的承諾

 

ABOUT US

本髙砂屋について

本髙砂屋は明治10年(1877年)創業の老舗。 当社は140有余年にわたる社歴の中で、「変えてはならないもの」と「変えなければならないもの」を明確に区分し、時にはかたくななまでに伝統性を堅持し、変えなければならない時は、伝統性に挑戦して時代に即応した革新性を発揮してまいりました。
当社のお菓子が、時代を重ね、場所を移してなお、多くのお客様の共感を得てきたのは、伝統を重んじつつも時には果敢に改革を断行する経営姿勢や、先人より伝承された菓子製造技術に支えられてのことと確信しております。

味・素材へのこだわり

明治10年の創業以来、和菓子においては「髙砂きんつば」、洋菓子においては「エコルセ」をはじめ菓子の世界において幅広く展開してまいりました。
和菓子には必要不可欠な水へのこだわりや、小麦粉そのものの旨味をひき出したシンプルさの洋菓子など和洋菓子問わず味はもちろんのこと素材にもこだわっています。

パッケージへのこだわり

主な商品のパッケージデザインは、綿貫宏介氏によるものです。
お菓子の分野での綿貫ワールドが実現したことになります。氏の言葉にならえば「お菓子にも作り手の姿勢があらわれる」。
気持ちを新たに、硬直した真面目に陥らず、遊び心を忘れることなく本物を求め続けてまいります。

販売へのこだわり

全国のお客様に当社独自の味をお届けするために、各地に営業拠点を設け、売り場の拡充に努めてまいりました。
味にご納得をいただき、全品ご試食をいただける販売網と売り場演出力、和洋菓子のおいしさ作りのノウハウを味方にした営業活動で必ずお客様の満足を得るものと確信いたしております。